不動産投資の物件購入先をナビゲーションします

不動産投資で安心できるサポート会社ご紹介サイト

不動産での資産運用を検討中の方に向けて、不動産投資において安心の会社を紹介するサイトです。
※情報は2017年5月時点のものです。各会社の情報については、公式サイトで最新のデータをご確認ください。

不動産投資の成功につながる情報を網羅!

これから不動産投資の物件購入で迷ったら見るサイト不動産投資で資産運用したいとお考えの皆さんへ、
当サイトは投資を成功させる為の情報を掲載しています。

アパート投資で大事なことはやはり
空室対策による収益性の高さではないでしょうか。

そのために最も重要になのが、価値の高い投資用アパートを扱っており、なおかつ管理体制でも安心できる会社を選ぶことだと言えます。

そこで、当サイトでは以下の条件を備えた「不動産投資で頼れる会社」をご紹介します。

収益性が高い投資用アパートを取り扱っている
オーナーの希望・条件などを踏まえて最良の投資プランを提案してくれる
空室対策、物件価値の維持・管理といった経営サポート力が高い

その中でも特に評判が高い5社の比較も行っていますので、参考にしてみてください。

アパート投資管理会社オススメBEST5

昨今の投資アパート事情

収益性の高いアパート今までは、「都心」「駅から近い」マンションが収益性の高い物件と言われてきました。

しかし現在は「犯罪率の低さ」や、「オフィスの近く」など、入居者のニーズが多様化しており、投資用物件の価値基準も広がりを見せはじめています。

以上のことから、高収益の物件=都心部の物件とは、言い切れないのが現状になっています。では、これからのアパート投資では、どのような物件を選択するべきなのでしょうか。

日本一の高収益エリア=名古屋

東京からも大阪からも交通アクセス抜群の名古屋は、日本の真ん中として、今後も一層の発展が期待されています。
新幹線や高速道路でのアクセスが良い上に、2005年に開港した中部国際空港(セントレア)によって、世界への窓口も開かれました。

2027年「東京⇔名古屋」リニア中央新幹線開通
リニア中央新幹線が開通すれば、東京から名古屋までが約40分。移動時間の短縮により、愛知の経済の発展が今まで以上に見込まれています。

経済が安定し開発が進むエリアはアパート経営の好条件
トヨタをはじめ日本の経済を支える産業が集積する愛知県。なかでも経済の骨格を担う製造業が多いため人口が安定しており、例えば名古屋市では18年連続で人口が増加しています。
また名古屋駅周辺は、リニア中央新幹線の開通を見据えた再開発が活発化。産業が安定し将来性の高いエリアには人が集まり、「住みたい街」としても人気が高く、アパートの需要が大いに見込めるエリアであることが知られています。

成功オーナーに聞いた「うまくいく秘訣」

40歳代男性/収益アパート1棟所有 この時代、公務員といっても、昔ほど収入が安定しているわけではなく、 私の場合は毎年収入が減っているような状況です。 そんな時、ふと立ち寄った本屋さんでパラパラと雑誌をめくっていると 不動産投資の特集が組まれており、そこで数多くの成功事例が掲載されていました。。
50歳代男性/収益アパート3棟所有 アパート経営を検討したきっかけは、景気がなかなか回復しない中、収入を勤務先の会社からの給与だけに頼っていること・会社の業績によって給与が増減することにとても不安を感じた事からでした。 住宅ローンや子供2人にかかる費用負担が重く、なかなか貯蓄もできない上に投資もしておらず、今から財産の形成をしなくてはならないと、妻と一緒に何か良い運用がないかと本格的に動き出す事になりました。
40歳代女性/収益アパート1棟所有 アパート経営にはバブルの頃に色々とと売り込みがあり、その時のイメージがあったので 正直印象はよくなかったのですが、従妹の家族が海外に駐在する際に自宅を賃貸に出しているのをみて、賃貸収入に魅力を感じはじめたのがきっかけでした。

失敗事例から学ぶ不動産投資

40代男性/過去に収益アパート1棟保有 私はアパート1棟を過去に自分で運用していたのですが、想定以上の退去によるリフォーム費用によって収益が全く上がらなくなってしまいました。結局その物件は手放す事になりました。
最終的に購入時と同じ金額より少し高くで売れたのでよかったのですが、アパートの空室対策や居住者の賃貸管理、広告出稿を一人で行うのは非常に困難なことだと実感しました。
次回は、必ず家賃回収やリフォームなどのサポートが任せられる賃貸管理業者に全て任せたいと思います。
50代男性/収益アパート4棟所有私の持っているアパートのうち2つは地方都市にあり、駅からも遠いのですが、これらのアパートを投資用に購入したのは、近隣のとある部品の工場や近くの専門学校へ通う学生を狙うためでした。しかし、工場閉鎖による整理解雇のためか、アパートの空室率が半年で40%ほどになってしまい、全く収入が見込めなくなりました。また、専門学校のキャンパス移転によって、学生の入居が見込めなくなったアパートもあります。最初は順調だったアパート投資も、場所によっては目的の層を狙い過ぎることで大きなリスクを背負いました。ですから次は様々な層の流入が見込める都心部に目を向け、立地面で的確な指示を出したり、明確な収益プラン・空室対策を立てられるような投資サポート会社と手を組んで運用したいと考えています。
40代女性/収益アパート1棟所有 私は、今まで貯めていた資金と70%の融資を銀行から受けて、アパート1棟の購入に踏み切りました。スタート当初は新築ということもあったため、特に空室対策をせずとも満室になり、収益を安定的に上げることが出来ていました。しかしそれから3年程経つと、修繕費や新規入居者獲得のための広告出稿費、所得税や住民税が重なり収益が得られなくなってきてしまいました。考えてみると立地面の悪さが決定的にあったので、最終的にはそのアパートを仕方なく手放す事になりました。
しかし現在所有しているアパートは、空室対策のできる投資サポート会社に立地面のアドバイスを頂いて、賃貸管理業務も全て任せているため、かなり安定した収益が出ています。

アパート投資オススメ会社BEST5>>

 
ページトップ▲